カーペットのクリーニング【大興管財株式会社】_HOME > 他洗浄方法との比較

まだシャンプークリーニングを選びますか?

カーペット・絨毯の洗浄には、一般的なシャンプー法を含む複数の種類があります。ケムドライ法は、これまでの洗浄方法の弱点をクリアする優れた性質を持っています。

  ケムドライ法 シャンプー法 スチーム法 パウダー法
乾燥時間 1~2時間 1日 半日 30分
洗浄力 非常に良い 劣る 良い 非常に劣る
残留洗浄 ない 非常に多い 少ない 多い
残留物による再汚染 少ない 多い 少ない 多い
素材のダメージ 少ない 大きい 大きい 少ない
臭い ない ある ある ある

各洗浄方法の解説

シャンプー法

ポリッシャーにてカーペット・絨毯表面を洗浄し、リンスをまきます。多くのカーペット・絨毯クリーニングはこの方法で行われています。一般的であるため、いくつかの弱点はあるものの「カーペット・絨毯クリーニングとはこういうもの」と思われてしまっているのが現状です。

スチーム法

前処理剤を噴霧し、高温のお湯を吹付けながら同時に吸引することで汚れを落とします。スチーム法の使用機材には、電気式のもの、ボイラー式のものなど複数の種類がありますが、いずれも大がかりで、多量の水を使用します。OAフロアへの使用には適しません。

パウダー法

洗剤を含んだパウダーをクリーニング箇所に散布し、ブラッシングをしてかき回して汚れをパウダーに付着させ、乾燥後にバキュームします。シャンプー法などに比べて乾燥時間は短いものの、洗浄力が低く、頑固な汚れを落とすのには不向きです。そのため、現在はシャンプー法に取って代わられてしまいました。