カーペットのクリーニング【大興管財株式会社】_HOME > 汚れが蓄積する理由

クリーニング後の汚れやすさには理由があった

せっかくプロにクリーニングしてもらったのに、すぐ汚れる・・・

すぐに汚れてしまうのには、原因があります。
「仕方ない」わけではありません!

清掃後のカーペット・絨毯がすぐに汚れる理由

残留した洗剤に汚れが再付着してしまうためです

一般的なカーペット・絨毯クリーニングで使われる洗剤は化学洗剤であり、汚れを落としやすくするための界面活性剤が含まれています。しかし界面活性剤は粘着性(べたつき)があるため、クリーニング後も細かいパイル面に残り、ひとたび誰かが歩けば汚れをすぐに吸着してしまいます。

一度付いてしまった汚れは人が歩くことでどんどん広がり、クリーニングからわずか数日で全体にうっすらと汚れが戻ってしまうのです。

ケムドライなら洗浄後も汚れにくい!

ケムドライは残留洗剤なし、汚れにくい!

ケムドライは一般的な洗剤とは違い、パイル面に洗剤が残りません。洗浄時に繊維の奧の汚れを効率よく落としつつ、炭酸の気泡成分が汚れをカーペット表面まで持ち上げることで、汚れも洗剤もスッキリ落とします。

そのため残留成分による汚れの再付着や、残留洗剤の空気飛散も起こりません。クリーニングすると同時に防汚加工も完了するのです。

残留洗剤を残さないことが義務付けられています

ビル衛生管理法では、衛生管理上、清掃後の床面に残留洗剤を残さないことが義務付けられています。
残留洗剤を原因とする

  • ダニ・カビの発生
  • 肌に直接触れることによる皮膚トラブル
  • 空気飛散による人体吸入

といった健康上のリスクを防止することが、施設管理者および清掃業者には求められています。

残留洗剤を残さない洗浄法ケムドライとは?